腰の痛み
メインイメージ

首、肩の痛みに該当する症状

  • 腰痛
  • 坐骨神経痛
  • ぎっくり腰
  • 椎間板ヘルニア

腰痛の症状

腰痛の症状イメージ

腰が痛いから腰を揉んでもらったけど気持ち良いだけですぐに痛くなる。気休めに湿布を貼っている。など腰痛に悩まされている方は断トツで多いです。
実は腰痛は症状として腰が痛くなっているだけであって原因は腰にないことがほとんどなんです。
骨盤がゆがみ腰の筋肉が引っ張られ続けて緊張してしまったり、インナーマッスルという身体を内側から支えてくれる筋肉の低下により外側の腰の筋肉を使い過ぎていることが原因です。
当院では筋肉と骨格の両方からアプローチすることで腰痛を改善していきます。

ぎっくり腰の症状

何らかの動作で急な痛みが発生し、ひどい症状の場合、動けなくなることもあり注意が必要です。
場合によっては洗顔、くしゃみなどでも起こることがあります。
症状は急に出ますが、原因は日常生活の姿勢や筋力の低下にあります。
骨盤のゆがみやインナーマッスルと言われる体幹部の筋肉の低下により普段から徐々に負担をかけ続け何かの拍子に負担がピークに達するのです。
西洋では「魔女の一撃」とも言われています。
当院ではまずはすぐに痛みを落として症状が落ちつき次第、もう二度と起こさない身体にするために根本的に治療していきます。

坐骨神経痛の症状

  • おしり、足に痛みやシビレがある。
  • おしり全体にだるさ、違和感がある。
  • 足に力が入らない
  • もともと腰痛がある
  • 片足重心で立つことが多い
  • デスクワークや運転で長時間座り姿勢が続く
  • 立ちっぱなしや座りっぱなしで腰やおしりが痛くなる
  • ヘルニアの診断を受けたことがある。
坐骨神経痛の症状イメージ

坐骨神経痛は、おしりから太もも、ふくらはぎにかけて痛みやシビレが起こります。
椎間板ヘルニアや椎分離すべり症、脊柱管狭窄症、お尻の筋肉が過度に緊張することによる神経の圧迫などが原因としてあげられます。坐骨神経痛が起こる原因として、様々な要因はありますが多いのは日常生活での悪い姿勢です。姿勢の悪さから、全身のバランスが崩れ、骨盤・骨格がゆがみ、お尻や足の筋肉が固くなってきます。
当院では原因である骨盤・骨格の歪みを整えて、筋肉の緊張や神経の圧迫を改善していきます。

椎間板ヘルニアの症状

  • 痛み止めを服用しているが、腰の痛みが改善しない
  • 中腰姿勢など腰に負担がかかりやすい仕事や運動をしている
  • 座った状態から立ち上がることが辛い
  • 下半身に痛みや痺れが続いている
  • 足に力が入りにくい
  • 長時間立っていると辛くなる
  • 横向きで丸くなって寝ると楽になる
椎間板ヘルニアの症状イメージ

椎間板ヘルニアとは、背骨と背骨の間にありクッションの役目を担っている椎間板が姿勢の崩れにより変形してしまい、飛び出して神経を圧迫してしまう病態のことです。
痛みや痺れが強く、病院で検査を受けたら「椎間板ヘルニア」と診断され手術をしたという方も大勢いらっしゃいます。しかし手術を行っても痛みやシビレが残っている例も少なくありません。実はヘルニア自体からくる痛みより、それによる周りの筋肉や神経の負担から来る痛みの割合の方が大きいからです。つまりヘルニアのみにフォーカスした治療を行なっても根本改善になりません。当院では、根本原因である骨盤・骨格のゆがみを整えて周りの筋肉や神経の負担をなくす治療を行い改善していきます。

腰の痛みに関連するブログ